熱中症の危険性を判定する指数。屋外の場合 湿球温度 × 0.7 + 黒球温度 × 0.2 + 乾球温度 × 0.1
月経周期が28日の人の場合、最後の月経から280日後が基準となります。(実際には個人差があります。)
気温が高ければ、暑く感じますね。暑くなった場合、ヒトは汗をかくことで、体温調節を行っています。このため、汗が蒸発しやすいかしにくいかによって、暑く感じる度合いに影響します。
慢性腎臓病と診断されるのは、『3 ヶ月以上にわたって、尿蛋白などの腎障害が続くか、あるいは GFR 値が 60 未満である場合』(日本慢性腎臓病対策協議会より)です。
一般社団法人日本呼吸器学会が公開している、ファガストロームのニコチン依存度テストを元に、生活習慣からニコチン依存度を計算
一日の喫煙本数と、喫煙している年数から、肺がん危険度を診断
国立がん研究センターの多目的コホート研究を元に、年齢、性別、飲酒習慣、BMI(身長体重)、糖尿病、コーヒー飲用習慣、HBV感染、HCV感染、から計算しています。
国立がん研究センターが公開している、胃がんリスク算出のためのスコアシートをもとに、胃がんリスクを計算してみます。
ハリス・ベネディクトの式は体脂肪率を考慮しないため、筋肉質の人は実際よりも少なめに、脂肪が多い人は実際よりも多めに数値が算出されます。 体脂肪率を考慮した計算式には、Katch-McArdle(キャッチ・マカードル)があります。
たんぱく質、炭水化物、脂肪の量(グラム数)を入力し、ケトン比の目標値を入力すると、目標値との差を計算し、目標値に達するために追加する油の量を計算します。 追加する油は脂質100%という想定で、油だけを追加する場合の必要量を計算します。