連勝する確率の計算式です。28連勝するのはかなり大変ですね。
小学校の算数での難所の1つ、食塩水の濃度の計算です。「食塩と水の重さから、濃度を求める」は比較的簡単ですが、「食塩の重さと、作りたい食塩水の濃度から、必要な水の量を求める」のは大変かもしれません。
直角三角形の辺の長さの関係を示す式です。三平方の定理はピタゴラスの定理とも呼ばれています。
標本値から平均と標準偏差を算出します。値のバラツキが大きいと、標準偏差が大きくなります。
何人か集まったときに、同じ誕生日の人がいる確率。23人以上集まると、確率が50%を超えます。
多くのサンプルデータが存在するとき、ある数値がそのサンプルの中で、どのくらいの位置にあるか、を示す指標が偏差値です。試験の難易度によって平均点は異なるが、平均の力を持つ受験生の偏差値は、試験によらず、ほぼ50となります。
相加平均と相乗平均(幾何平均)の計算式です。大学入試に出ることもあります。
動いている物体の運動エネルギーを求める計算式です。高校の物理(力学)で出てくる内容です。 動いている物体の質量(kg)と、その物体の速度(m/s)を入力すると、運動エネルギー(J)が算出できます。運動エネルギーの単位はジュールです。
一つの辺とその両端の角度から、三角形の残りの二辺の長さを計算。測量などで役立つ
楕円の面積は、長軸半径x短軸半径x円周率